美白のための洗顔料選び

皆さん、美白って洗顔でもできると思いますか?
答えはNOです。
洗顔をするだけでは美白というものは手に入れることが出来ません。
そのため、美白をするためにはスキンケアが大切です。

 

しかし・・・間違った洗顔方法や洗顔料を選んでいたら、いつまでも美白は訪れないかもしれません!
これは大変です。

 

ということで、今回は美白のための洗顔料選び、そして美白を意識した洗顔方法などをご紹介していきます。

 

まず、美白のための洗顔料選びですが、洗顔料は原因から選びます。
美白になりたいがために、むやみにいい商品だと有名なものを選んでも、根本の解決をしなければ美白にはなかなか近づけません。
たとえば、お肌のくすみの原因は何なのか?などを自分で知ることが大切です。

 

古い角質によるくすみ、肌の黒ずみ、肌の乾燥によるくすみ、冷えによるくすみ、日焼によるくすみ・・・など、くすみの原因を上げるだけでもこんなにあるんです。
なので、古い角質が原因の場合は、角質アプローチしてくれる洗顔料を選び、肌の黒ずみが原因の場合は皮脂やほこりをしっかりと取ってくれる洗顔料を選び、乾燥によるくすみの場合は保湿効果が期待できる洗顔料を選ぶ・・・といったように、それぞれの原因にあわせて洗顔料を選びます。

 

これが正しい洗顔料選びの第一歩になるわけです。
そして、洗顔料はできれば無添加のものがお勧めです。
添加物が配合されていると、お肌に刺激を与えてしまい、かえってお肌のくすみの原因になりかねないからです。

 

次に、洗顔方法についてですが、洗顔方法は実は洗顔料さえしっかりと選べば、通常の洗顔方法と同じで大丈夫です。

 

しかし・・・
通常の洗顔方法が間違っているという方は、改善が必要になります。
洗顔は合計で3分〜4分で終わらせるのが鉄則であり、ダブルクレンジングは当たり前です!

 

クレンジングはあまり時間をかけず、そしてお肌に負担をかけないよう優しく行うのが注意点です。
ゴシゴシしてはいけません。
そして、すすぎは絶対にすすぎ残しのないようにしてください。
洗顔するからいいや〜とクレンジングが残っている状態で洗顔をしてしまうのはお肌に負担をかけるのでよくないです。

 

洗顔については、泡立てネットなどでキメの細かい泡を作ってお肌の上にのせて、くるくると泡の上からお肌を触らずに洗います。
説明が難しいのですが、泡の上から洗うのが大切なんです(笑)

 

そして、洗顔料もすすぎ残しはNGです。
すすぎ残しは吹き出物などの原因にもなりかねません。

 

最後はタオルで拭くかと思いますが、ゴシゴシ拭くのではなく、お肌にあてる程度で構いません。
水分を軽く拭き取って、すぐにスキンケアを行いましょう。
スキンケアは、大げさに言えば、お風呂場でしてしまってもいいくらいです。
毛穴が開いた状態でスキンケア商品に含まれている栄養素をたっぷりと入れ込むのはとてもいいことですからね!

 

ただ、お風呂場でスキンケアは大変かと思いますので、そこまでしなくても大丈夫です(笑)

関連ページ

美白のための基礎化粧品は何が大切なのか?
美白のために必要な基礎化粧品はどんなものを選べばいいのでしょうか?また、そもそも美白基礎化粧品などといったものはあるのでしょうか?その辺を調べてまとめてみました!
敏感肌でも美白はできます!
敏感肌だからと美白を諦めてはいませんか?敏感肌の方でも美白はできるんです!まずは肌質の改善をしてから美白をするといいようですよ。
美白に効果が期待できるクレンジング法
美白のために気を付けるクレンジング法を伝授します!美白はクレンジングだけではできませんが、クレンジングも大切な段取りの一つです。
美白になりたければタバコは禁煙を!
美白を目指したくばタバコを止めましょう!美白をしたいけれど、なかなか美白効果が期待できないという方はタバコが原因になっているかも?!
美白に効果があるとされるツボがあるのは本当?
美白に効果が期待できるツボをご紹介します。美白に効くツボは実はたくさんあるので、ツボの方法も一緒にご紹介していきます!
40代の美白は化粧品選びがポイント
40代からの美白化粧品はどう選べばいいのか?40代になると美白化粧品もなかなか選ぶのが大変・・・という方はこちらをご覧ください!
美白の有効成分って何があるの?
美白有効成分って一体何者なの?美白スキンケア商品によくある有効成分、あなたはどれくらい知っていますか?
リフトアップも一緒に出来る美白化粧品はこれ!
美白とリフトアップが期待できる夢の化粧品!美白もリフトアップもどちらもしたい!という方はこの化粧品がとてもおすすめなんです。